2017.6.26 士業経営研究会6月定例会開催しました

「皆様と一緒に考える事務所経営~私の会計事務所経営について~」

山岸誠一会員(公認会計士・税理士、FUN税理士法人代表)

CIMG0157

2017年6月26日(月)18:00より、FUN税理士法人にて、士業経営研究会6月定例会を開催しました。

記念すべき第1回目の報告者は、FUN税理士法人代表の山岸誠一会員です。

人口減少、AIの台頭など、士業を取り巻く環境は激変の時代を迎えています。

「激変の時代に士業事務所がどう立ち向かっていくべきか」

士業経営研究会は、山岸会員の呼びかけにより、会員から様々な事務所経営についての事例を報告していただき、参加者から忌憚のない意見を出していただき、明日の事務所経営に役立てていただく趣旨で発足しました。

山岸会員からは、会計事務所経営について、立ち上げ~現在の事務所経営~将来のビジョンまで、これまでの経過や将来の目標まで具体的な数字も交えながら赤裸々に報告していただきました。

事務所を立ち上げたばかりの若手士業から、開業●十年のベテラン士業まで、それぞれの置かれた環境に応じて刺激的な内容だったと思います。

後半は飲食を交えよりざっくばらんな質疑応答がなされ、惜しまれながらの閉会となりました。

次回8月定例会は、8月28日(月)18:00より徳本好彦会員(司法書士法人新潟合同事務所代表)から、「士業事務所の事業承継について考える~事務所経営の将来像を描く~」というテーマで語っていただきます!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です