2017/07/04 第2回建物再生支援協議会が開催されました

2017/7/4(火)15:30より第2回建物再生支援協議会が開催されました。

小田嶋武史会員から、国交省の「新たな住宅セーフティネット制度」の概要について報告がなされ、にいがた士業ネットが今後どのようにかかわっていくべきか、活発な議論がなされました。

CIMG0166

次回第3回協議会は、8/31(木)15:30より、技術士センタービルⅠ8階会議室にて開催される予定です。

【第2回建物再生支援協議会 要旨】

1 国土交通省「新たな住宅セーフティネット制度」について

(1)小田嶋武史会員より概要について報告

①住宅確保要配慮者向け賃貸住宅の登録制度

②登録住宅の改修や入居者への経済的支援

③住宅確保要配慮者の居住支援

※「住宅確保要配慮者」・・・低額所得者、被災者、高齢者、障害者、子育て世帯等

(2)士業ネットとして以下の取り組みを進める

①NPO法人として居住支援法人の登録を行う

※「居住支援法人」・・・登録住宅入居者への家賃保証、賃貸住宅への入居に係る情報提供・相談・見守りなどの生活支援を行う法人

②新潟市における居住支援協議会の設立について、新潟市議などに働きかけを行う

※「居住支援協議会」・・・住宅確保要配慮者・民間賃貸住宅の賃貸人双方に対し、住宅情報の提供等の支援を実施する

2 国土交通省「小規模不動産特定共同事業を活用した遊休不動産等の再生事業の具体的検討に向けた専門家派遣等の支援事業」について

(1)NPO法人として支援対象事業者の登録申請を行う(7/12まで)

※「小規模不動産特定共同事業を活用した遊休不動産等の再生事業」・・・クラウドファンディング等の小口投資資金を活用して空き家・空き店舗等の再生を促進する事業

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です